代表挨拶

田中 信行(シングループ代表)

 

 

株式会社シン 代表取締役

一般社団法人シンチャイルドセンター 代表理事

広島YMCAウエルネス事業 プログラムアドバイザー

広島YMCA専門学校 非常勤講師

 

 

 私は幼少期から14年間サッカーを、そして社会人になってから現在までエアロビック、その間も様々なスポーツと共に歩んできました。輝かしい成績を残して来たわけではありませんが、スポーツを通じた心技体のバランスの大切さを身を持って経験してきました。

 

 近年、子どもたちの体を動かして遊ぶ機会が減少してきていると言われています。だからこそ今、子どもの運動のきっかけをつくるプログラムが必要だと考えています。当園では、0~1歳児の園児は週2回のフィットネスを行います。2歳児以上の園児は、毎日スポーツを保育に取り入れています。スポーツといっても勝ち負けの結果に価値を置くのではなく、過程を大事にする心の育みと存在価値を重視します。スポーツは社会の縮図だと言われるのは、挨拶、礼儀、目標、評価など社会に適応をするために必要な資質がたくさん詰まっているからです。

 

 私たちは、フィットネス、スポーツを通じ体を動かして遊ぶことが、その後の青年期における運動やスポーツに親しむ資質や能力の育成、意欲や気力、対人関係などコミュニケーション構築に影響することを念頭に、園児の心の発達をサポートいたします。